”可能性が拡がるマンション” ⇒ 定借+建物譲渡特約付

30年後、借地から借家へ ⇔ 手頃に入手して、リッチに住む

ホーム > 借地から借家へ

省資源の100年スケルトン=躯体で、保有を重視する安定・安心経営

   

収益重視か、財産保有重視か迷います
   固定資産税、相続税あり、持ち続けるとは大変です
賃貸は、老朽化・不人気化など未知数が多い
一般定期借地は、次の更新が50・60後と孫世代

鉄筋コンクリートは、きっちり造れば100年は耐用性があります
一般定期借地で50年60年で更地にするのは、勿体ない話です
流行・廃りがあり、古い建物は嫌われる、というのはいい訳です
1 00年価値ある建築をつくればいいのです

変わらないのもは、何か?
建築の形と空間です
明確な他とは違う差別性
どこにもない支持される空間

一代ごと、30年ごとに借地・借家の有り様が変わる
初めの30年はマンションの地主
次は、継続して地主かスケルトンを買い取って賃貸経営
60年後は、市場価格の賃貸マンションンに

入居者には、ゆとりの広さ・空間が可能に
最初30年は、借地・持ち家
次は、継続か家賃の安い賃貸に
60年後は、通常の賃貸に

Back Top Next
Copy Right Sousekkei Co.,Ltd. Since 1989