拡がり・ふくらむ感動−02・・・二足立ちの衝動

ホーム > 二足立ちの衝動<

赤ちゃんが初めてひょいっと起ち上がって、
誇らしげに微笑むのは感動的です。
正に世界を大きく拡げ、より先を見ようと瞬間です。
脳との連動で力強い生が始まります。


ドイツの哲学者のルードリヒ・クラーゲスは、
人は何故二本足で起ち上がったという問いに対し、
「より遠くを見るために」と答えました。

直立を産むのは、ですから、狙う衝動ではなく、
あくまでも遠くを眺めようとする衝動です。
この「遠に対する強烈なあこがれ―これこそ人間だけのものです。
宇宙の彼方に、果てしなく旅を続けてゆく、あの世界です。
言ってみれば私ども星一つ眺めてる時でも、
そこでは、じつは何千・何万年光年の
「時空の遠」を見ている、ということになる。

            −三木成夫著 「内蔵のはたらきと子どものこころ」より−




Back Top Next
Copy Right Sousekkei Co.,Ltd. Since 1989